「話題の医学」TV番組

日常診療にお役立ていただける「話題の医学」TV番組について、こちらからご確認いただけます。様々な疾患の豊富な情報を提供してまいります。
下記リスト内に会員専用が表示されているコンテンツはMSD Connect会員限定コンテンツです。こちらからご登録いただけばすぐご覧になれます。


1 件目から 8件目を表示しています。 ヒット件数: 8件
「話題の医学」TV番組
2016-11-27

話題の医学 骨粗鬆症の診断と治療③ -予防とフレイル-

東京大学大学院 医学系研究科加齢医学 准教授
小川 純人 先生

再生時間:13分58秒

虚弱・衰弱に変わる考え方として「フレイル」という概念が、日本老年医学会より提唱されており、骨粗鬆症を予防する上でも重要である。加齢とフレイルの関係や転倒リスク、そして食事療法や運動療法による骨粗鬆症予防について解説する。さらに、我が国で2014年より始められた「骨粗鬆症リエゾンサービス」の重要性、普及するために必要な多職種ネットワークを紹介する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-11-20

話題の医学 骨粗鬆症の診断と治療② -薬物療法-

東京大学大学院 医学系研究科加齢医学 准教授
小川 純人 先生

再生時間:13分58秒

骨粗鬆症治療薬は、多様化しており標的因子も様々である。薬物選択の指針である「骨代謝マーカー」「治療効果判定のためのフローチャート」「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版に基づく骨粗鬆症治療薬の有効性」などについて解説する。また、「骨密度と骨質」や最近の知見である「骨と全身の臓器相関」についても触れる。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-11-13

話題の医学 骨粗鬆症の診断と治療① -現状と課題-

東京大学大学院 医学系研究科加齢医学 准教授
小川 純人 先生

再生時間:13分58秒

超高齢社会を迎えた我が国では、骨粗鬆症の患者が年々増加しており、その治療意義は、ますます重要になっている。「骨粗鬆症の診断と治療」と題して3回にわたってお送りする第1回では、疫学、臨床像、服薬状況といった、我が国の骨粗鬆症を取り巻く現状に加え、骨粗鬆症の診断基準や薬物療法の考え方などについて解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-21

話題の医学 変形性膝関節症の診断と治療(後編)

東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科 特任講師
乾 洋 先生

再生時間:13分58秒

後編では変形性膝関節症の治療について解説する。症状が軽い初期の変形性膝関節症の患者さんに対しては、大腿四頭筋筋力訓練、ストレッチ運動、ウォーキングからなる運動療法が重要である。薬物療法は鎮痛剤を用いた対症療法が中心となり、ヒアルロン酸製剤の関節内注射等も行われる。手術療法では人工膝関節手術が最も多く、年間8~9万件程度行われている。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-14

話題の医学 変形性膝関節症の診断と治療(前編)

東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科 特任講師
乾 洋 先生

再生時間:13分58秒

変形性膝関節症は、運動器障害のなかで中核をなす疾患である。膝関節のクッションとしての役割を持つ関節軟骨が老化・変性することにより、膝関節の疼痛が出現し、外見上O脚変形を呈し、疼痛が増悪すると歩行困難となる。前編では変形性膝関節症の病態、症状、診断と、鑑別診断の難しい膝関節の骨壊死症について解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2012-03-04

話題の医学 選択肢の増した骨粗鬆症の薬物療法

東京大学医学部附属病院整形外科・脊椎外科 教授
田中 栄 先生

再生時間:13分58秒

骨密度は骨粗鬆症の重要な診断ポイントである。しかし最近の研究で、骨密度が比較的高くても多くの骨折が生じていることが明らかになった。そのため、臨床的に骨折を起こすリスクの高い症例には、多少骨密度が高くても薬物治療を行うという考え方が広まっている。2011年に改訂された骨粗鬆症の予防と治療ガイドラインに基づいて、骨粗鬆症薬物治療の指針を解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2011-08-07

話題の医学 骨粗鬆症に対するオーダーメイド医療(後編)

東京都健康長寿医療センター 臨床研究推進センター 部長
森 聖二郎 先生

再生時間:13分58秒

骨粗鬆症治療の最大の目的は骨折予防である。そのため個々の症例において、骨密度の測定をはじめ、両親・同胞の骨折歴、併存疾患の有無など、多くの情報をもとに骨折リスクを評価する試みが行われている。ここでは、TGF-β1遺伝子多型と血清25水酸化ビタミンD濃度を用いた、閉経後骨粗鬆症の脊椎圧迫骨折のリスク評価について解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2011-07-31

話題の医学 骨粗鬆症に対するオーダーメイド医療(前編)

東京都健康長寿医療センター 臨床研究推進センター 部長
森 聖二郎 先生

再生時間:13分58秒

ビスフォスフォネート製剤を使用しても骨密度が改善しない骨粗鬆症の患者さんに対し、活性型ビタミンD製剤を併用することの可否ならびに有用性について、活性型ビタミンD製剤に対する反応性の指標にTGF-β1遺伝子多型を、ビタミンD充足状況の指標に血清25水酸化ビタミンD濃度を用いた検討結果を紹介する。


別画面で再生する
 

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら