「警告・禁忌を含む使用上の注意」等は添付文書をご参照ください。


臨床成績

※本剤は第II相までの臨床試験の結果から、海外での第III相試験成績をもとに承認されたため、国内での第III相試験は実施されておりません。
また、一部承認外の試験成績が含まれますが、承認時の審査・評価に用いられた成績のためご紹介します。


1.通常時の筋弛緩状態からの回復における有効性

(1)浅い筋弛緩状態(T2再出現を確認した後)での有効性 1,2)-海外データ

目的:ロクロニウム又はベクロニウムによる浅い筋弛緩状態から、ブリディオン®とネオスチグミンによる回復を評価する

対象:ASA分類Class1〜4、18歳以上、全身麻酔下(プロポフォールで導入、セボフルランで維持)で仰臥位での
   手術を受ける外国人患者

方法:ロクロニウム臭化物0.6mg/kg又はベクロニウム臭化物0.1mg/kg投与後、又は維持用量投与後T2再出現時に
   ブリディオン®2mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩50μg/kg+glycopyrrolate※10μg/kgを単回静脈内投与した

試験デザイン:第Ⅲ相、多施設、無作為化、並行群間比較、実薬対照、安全性評価者盲検、ピボタル試験

評価項目:【 主要評価項目】T2再出現時におけるブリディオン®又はネオスチグミンメチル硫酸塩投与からTOF比0.9に
     回復するまでの時間

解析計画:回復時間の対数を応答変数、施設及び治療群をモデルの要因とした、二元配置分散分析モデルを用いて解析した


ロクロニウム臭化物0.6mg/kg投与後T2再出現時にブリディオン®2mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩50μg/kg+glycopyrrolate10μg/kgを単回静脈内投与し、投与開始からTOF比0.9に回復するまでの時間をみたところ、図に示すようにブリディオン®投与群は1.4分(中央値)、ネオスチグミンメチル硫酸塩投与群は17.6分(中央値)であった。
また、ベクロニウム臭化物0.1mg/kg投与後T2再出現時にブリディオン®2mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩50μg/kg+glycopyrrolate10μg/kgを単回静脈内投与し、投与開始からTOF比0.9に回復するまでの時間をみたところ、ブリディオン®投与群は2.1分(中央値)、ネオスチグミンメチル硫酸塩投与群は18.9分(中央値)であった。
なお、ブリディオン®投与群において、主要項目で評価された患者(承認用量)でTOF比0.9以上に回復した。

※:本邦未承認薬

T2再出現時におけるブリディオン®又はネオスチグミンメチル硫酸塩投与から
TOF比0.9に回復するまでの時間(分)【主要評価項目】



安全性

ブリディオン®との関連性が否定できない有害事象は、悪心(5件)、嘔吐、処置による高血圧(各4件)、悪寒(2件)、耳鳴、腹痛、下痢、咽喉頭疼痛、回転性めまい、レッチング、麻酔による気道合併症、処置後悪心、体温上昇、頭痛、ほてり(各1件)であった。

1)Blobner M, et al. Eur J Anaesthesiology 2010;27(10):74-82.
[利益相反:本研究にMSDは資金提供を行った。M.BlobnerおよびJ.ScholzはMSDと講師謝金および旅費の授受がある。L.I.ErikssonはMSDと助成金の授受があり、MSDのアドバイザー。M.E.PrinsはMSDの社員。本研究の統計解析はMSDの社員が行い、MSDは論文の編集に携わった。]
2)Khuenl-Brady KS, et al. Anesth Analg 2010; 110(1): 64-73.
[利益相反:本研究に旧シェリング・プラウ(現MSD)は資金提供を行った。H.Rietbergenは旧シェリング・プラウ(現MSD)の社員。]


(2)深い筋弛緩状態(PTCが1-2の場合)での有効性 3,4)-海外データ

目的:ロクロニウム又はベクロニウムによる深い筋弛緩状態から、ブリディオン®とネオスチグミンによる回復を評価する

対象:ASA分類Class1〜4、18歳以上、全身麻酔下(プロポフォールで導入、セボフルランで維持)で仰臥位での
   手術を受ける外国人患者

方法:ロクロニウム臭化物0.6mg/kg又はベクロニウム臭化物0.1mg/kg投与後、又は維持用量投与後1-2PTCの出現時に
   ブリディオン®4mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩70μg/kg+glycopyrrolate※14μg/kgを単回静脈内投与した

試験デザイン:第Ⅲa相、多施設、無作為化、並行群間比較、安全性評価者盲検、実薬対照、ピボタル試験

評価項目:【 主要評価項目】1-2PTCの出現時におけるブリディオン®又はネオスチグミンメチル硫酸塩投与から
     TOF比0.9に回復するまでの時間

解析計画:回復時間の対数変換値を用いて治療群及び施設を因子とした二元配置分散分析モデルで解析した


ロクロニウム臭化物0.6mg/kg投与後1-2PTCの出現時にブリディオン®4mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩70μg/kg+glycopyrrolate14μg/kgを単回静脈内投与し、投与開始からTOF比0.9に回復するまでの時間をみたところ、図に示すようにブリディオン®投与群は2.7分(中央値)、ネオスチグミンメチル硫酸塩投与群は49.0分(中央値)であった。
また、ベクロニウム臭化物0.1mg/kg投与後1-2PTCの出現時にブリディオン®4mg/kg又はネオスチグミンメチル硫酸塩70μg/kg+glycopyrrolate14μg/kgを単回静脈内投与し、投与開始からTOF比0.9に回復するまでの時間をみたところ、ブリディオン®投与群は3.3分(中央値)、ネオスチグミンメチル硫酸塩投与群は49.9分(中央値)であった。
なお、ブリディオン®投与群において、主要項目で評価された患者(承認用量)でTOF比0.9以上に回復した。

※:本邦未承認薬

1-2PTCの出現時におけるブリディオン®又はネオスチグミンメチル硫酸塩投与から
TOF比0.9に回復するまでの時間(分)【主要評価項目】



安全性

ブリディオン®との関連性が否定できない有害事象は、悪心(5件)、処置による悪心、筋力低下(各4件)、嘔吐(3件)、そう痒症(2件)、レッチング、処置後合併症(総血清蛋白低下)、処置による高血圧、血中クレアチンホスホキナーゼ増加、体温上昇、頭痛、錯感覚、悪寒、冷感、処置合併症(頻脈)、拡張期血圧低下、拡張期血圧上昇、収縮期血圧上昇、筋骨格系胸痛、浮動性めまい、悪夢、白血球増加症(各1件)であった。

3)Jones RK, et al. Anesthesiology 2008; 109(5): 816-824.
[利益相反:本研究に旧シェリング・プラウ(現MSD)は資金提供を行った。本研究の統計解析は旧シェリング・プラウ(現MSD)の社員が行い、旧シェリング・プラウ(現MSD)は論文の編集に携わった。]
4)Lemmens HJM, et al. BMC Anesthesiology 2010; 10: 15.
[利益相反:本研究にMSDは資金提供を行った。H.LemmensはMSDのアドバイザー。J.B.MorteはMSDの社員。M.I.El-OrbanyはMSDと助成金の授受がある。本研究の統計解析はMSDの社員が行い、MSDは論文の編集に携わった。]


2. 緊急時の筋弛緩状態からの回復における有効性 5)-海外データ

目的:ロクロニウム投与3分後の緊急時でのブリディオン®による回復と、スキサメトニウムの自然回復を評価する

対象:ASA分類Class1〜2、18歳以上65歳未満、BMIが30kg/m2未満、全身麻酔下(プロポフォール)で仰臥位での
   手術を受ける外国人患者

方法:ロクロニウム臭化物1.2mg/kg投与後3分にブリディオン®16mg/kgを投与して回復を行った群と、スキサメトニウム
   塩化物水和物1.0mg/kgを投与して自然回復を待った群とで比較した

試験デザイン:第Ⅲ相、多施設、無作為化、並行群間比較、実薬対照、安全性評価者盲検試験

評価項目:
【主要評価項目】ロクロニウム臭化物又はスキサメトニウム塩化物水和物投与開始からT1が10%に回復するまでの時間
【副次評価項目】ロクロニウム臭化物又はスキサメトニウム塩化物水和物投与開始からT1が90%に回復するまでの時間

解析計画:【副次評価項目】回復時間の対数変換値を用いて治療群及び施設を因子とした二元配置分散分析モデルで解析した


ロクロニウム臭化物1.2mg/kg投与後3分にブリディオン®16mg/kgを単回静脈内投与して回復を行った群と、スキサメトニウム塩化物水和物1mg/kgを単回静脈内投与して自然回復を待った群とでT1が10%に回復するまでの時間をみたところ、表に示すようにブリディオン®投与群は4.4分(平均値)、スキサメトニウム塩化物水和物投与群の自然回復は7.1分(平均値)であった。
なお、ブリディオン®投与群において、主要項目で評価された患者(承認用量)でTOF比0.9以上に回復した。

ロクロニウム臭化物又はスキサメトニウム塩化物水和物投与開始から
Tが10%に回復するまでの時間(分)【主要評価項目】
T1が10%に回復するまでの時間(分) ロクロニウム+ブリディオン® スキサメトニウム
症例数 55 55
平均(SD) 4.4(0.7) 7.1(1.6)
中央値 4.2 7.1
最小−最大 3.5−7.7 3.8−10.5

また、T1が90%にまで回復するまでの時間は、ブリディオン®投与群で平均6.2分、スキサメトニウム塩化物水和物投与群の自然回復群は平均10.9分であった。

ロクロニウム臭化物またはスキサメトニウム塩化物水和物投与開始から
T1が90%に回復するまでの時間(分)【副次評価項目】

ロクロニウム臭化物またはスキサメトニウム塩化物水和物投与開始からT1が90%に回復するまでの時間(分)【副次評価項目】


安全性

ブリディオン®との関連性が否定できない有害事象は、処置合併症(徐脈:4件、頻脈:2件)、悪心、処置による高血圧(各2件)、振戦、便秘、処置による低血圧、処置による疼痛、筋攣縮、感覚鈍麻、尿閉(各1件)であった。

※:本用量は承認外の用量です。

ロクロニウム臭化物【用法・用量】
通常、成人には挿管用量としてロクロニウム臭化物0.6mg/kgを静脈内投与し、術中必要に応じて0.1~0.2mg/kgを追加投与する。持続注入により投与する場合は、7μg/kg/分の投与速度で持続注入を開始する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが、挿管用量の上限は0.9mg/kgまでとする。

5)Lee C, et al. Anesthesiology 2009; 110(5): 1020-1025.(承認時評価資料)
[利益相反:本研究に旧シェリング・プラウ(現MSD)は資金提供を行った。本研究の統計解析は旧シェリング・プラウ(現MSD)の社員が行った。]


ブリディオン®の用法・用量はこちら

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


麻酔科学の歴史

学会・セミナー情報


講演ビデオ

PDFダウンロード


NNMM

麻酔科関連学会eカレンダー


エスラックスはこちら