効能・効果と用法・用量

効能・効果

ロクロニウム臭化物又はベクロニウム臭化物による筋弛緩状態からの回復

<効能・効果に関連する使用上の注意>

本剤はロクロニウム臭化物又はベクロニウム臭化物以外の筋弛緩剤による筋弛緩状態からの回復に対しては使用しないこと。

用法・用量

通常、成人にはスガマデクスとして、浅い筋弛緩状態[筋弛緩モニターにおいて四連(TOF)刺激による2回目の収縮反応(T2)の再出現 注1を確認した後]では1回2mg/kgを、深い筋弛緩状態[筋弛緩モニターにおいてポスト・テタニック・カウント(PTC)刺激による1~2回の単収縮反応(1-2PTC 注2)の出現を確認した後]では1回4mg/kgを静脈内投与する。
また、ロクロニウム臭化物の挿管用量投与直後に緊急に筋弛緩状態からの回復を必要とする場合、通常、成人にはスガマデクスとして、ロクロニウム臭化物投与3分後を目安に1回16mg/kgを静脈内投与する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  1. 筋弛緩モニターによる確認ができない場合は、十分な自発呼吸の発現を確認した後はスガマデクスとして2mg/kgを投与すること。十分な自発呼吸の発現を確認する前のロクロニウム臭化物による筋弛緩に対してはスガマデクスとして4mg/kgを投与するが、筋弛緩状態からの回復が遅延することがあるため、患者の状態を十分に観察すること。なお、筋弛緩モニターによる確認ができない場合の自発呼吸の発現を確認する前のベクロニウム臭化物による筋弛緩に対する本剤の有効性及び安全性は確立されていない。
  2. ベクロニウム臭化物の挿管用量投与直後に緊急に筋弛緩状態からの回復を必要とする場合の本剤の有効性及び安全性は確立していない。

注1:T2再出現


筋弛緩剤が作用していないときは、四連(Train of four:TOF)刺激のAで示した第1刺激(T1)とBで示した第4刺激(T4)の比(TOF比)[T4/T1]はほぼ1で、筋弛緩剤が作用しているほどTOF比は小さくなる。また、筋弛緩状態からの回復として、現在「TOF比>0.9」が有効な指標として用いられている。また、TOFカウントは、筋弛緩の回復に伴ってT1からT4の順に再出現する。T2再出現とは、筋弛緩の回復過程において、T1とT2が認められた時点を示す。


注1:T2再出現イメージ


注2:1-2PTC


深い筋弛緩状態では、TOFに対する反応が得られないため、ポスト・テタニック・カウント(PTC)を使用する。テタヌス刺激(高頻度の反復刺激:50Hzまたは100Hzを5秒間) を与え、3秒後に1Hzの単収縮刺激を15回加えて、反応の回数を測定する方法。PTCが少ないほど筋弛緩が深いことを示している。1-2PTCとは、テタヌス刺激後1~2回の反応が確認される筋弛緩状態を示す。


注2:1-2PTCイメージ


領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


麻酔科学の歴史

学会・セミナー情報


講演ビデオ

PDFダウンロード


NNMM

麻酔科関連学会eカレンダー


エスラックスはこちら