安全性

安全性

国内の第Ⅲ相臨床試験では、272例中4例(1.5%)に臨床検査値の異常を含む副作用が認められました。副作用の内訳は腹部膨満1例(0.4%)、便秘1例(0.4%)、胃炎1例(0.4%)、ALT増加3例(1.1%)、AST増加1例(0.4%)、Al-P増加1例(0.4%)、γ-GTP増加1例(0.4%)でした。(承認時)

重大な副作用として過敏症、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、高血糖、糖尿病、間質性肺炎が報告されています。

副作用発現頻度(臨床検査値異常含む)[承認時]

副作用発現頻度(臨床検査値異常含む)[承認時]

禁忌】 等はこちらをご参照ください。

関連コンテンツ


アトーゼット®・循環器系・代謝系関連領域情報

関連製品