診療ガイドライン紹介 花粉症

日経メディカルOnline『疾患解説 for GP』より転載
監修・大久保公裕(日本医科大学耳鼻咽喉科教授)

  • 日本の国民の5人に1人が罹っていると推計される花粉症は、花粉抗原による季節性アレルギー性鼻炎。くしゃみ、鼻漏、鼻閉が3主徴だが、多くの場合アレルギー性結膜炎も合併しており、患者は目の痒み、流涙も訴える。
  • おもな鼻症状により「くしゃみ・鼻漏型」と「鼻閉型」に分類でき、治療薬の選択などに役立つ。花粉症の原因となる植物は日本で約50種類確認されている。スギ花粉症が全体の7割を占めるが、地域によって、生息する植物や花粉の飛散時期などは異なる。抗原検査を出す際には、診療圏の花粉の飛散状況を知っておくことが重要。
  • 3主徴の存在、鼻汁好酸球検査が陽性、血液検査などで原因抗原が判明すれば確定診断できる。鼻かぜや、急性・慢性副鼻腔炎との鑑別が重要。副鼻腔炎とは、鼻汁の好中球増加、X線上陰影増強などで鑑別が可能。
  • 治療は薬物療法が主体だが、現在のところ、すべて対症療法や発作の抑制を目的としたものである。治癒が期待できる治療法は、「アレルゲン免疫療法」のみ。従来は皮下注射で実施していたが、2014年にスギ花粉症のアレルゲン免疫療法舌下剤が保険適応となった。実施する医師は、学会などが実施する講習会の受講などが必要。


ページのトップへ >

 診療に役立つ関連の診療ガイドラインなどには以下がある。

  1. 日本アレルギー学会作成『アレルギー総合ガイドライン2013』(協和企画)
  2. 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会編『鼻アレルギー診療ガイドライン―通年性鼻炎と花粉症-(2016年版)』(ライフ・サイエンス)
  3. 平成22年度厚生労働科学研究補助金 免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業より『的確な花粉症治療のために』
    http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/kafun_chiryo.pdf list-external-black.png
  4. 『花粉症の民間医療について』
    http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html list-external-black.png
  5. 日本アレルギー学会『スギ花粉症におけるアレルゲン免疫療法の手引き』
    http://www.jsaweb.jp/modules/news_topics/index.php?page=article&storyid=187 list-external-black.png