「話題の医学」TV番組

日常診療にお役立ていただける「話題の医学」TV番組について、こちらからご確認いただけます。様々な疾患の豊富な情報を提供してまいります。
下記リスト内に会員専用が表示されているコンテンツはMSD Connect会員限定コンテンツです。こちらからご登録いただけばすぐご覧になれます。


1 件目から 10件目を表示しています。 ヒット件数: 258件
「話題の医学」TV番組
2016-09-25

話題の医学 幻を見るレビー小体型認知症をめぐって

東海大学医学部付属八王子病院 神経内科 教授
野川 茂 先生

再生時間:13分58秒

レビー小体型認知症(DLB)は、小阪らにより初めて報告された疾患である。注意・覚醒レベルの変動、幻視、パーキンソニズム、レム睡眠行動異常症のうち、2つを満たせばprobable DLBと診断される。近年、MIBG心筋シンチやDATスキャンにより鑑別が容易となったが、ドネペジルなどの治療薬を効果的に使用するためには早期診断が重要である。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-09-18

話題の医学 副鼻腔炎の新しい治療戦略

関西医科大学総合医療センター 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 病院教授
朝子 幹也 先生

再生時間:13分58秒

頬や前額部にある副鼻腔という空洞に膿がたまる慢性副鼻腔炎は、一般的に蓄膿症と呼ばれてきた。しかし近年では、嗅覚障害、多発する鼻ポリープ、気管支喘息の合併などを特徴とした好酸球性副鼻腔炎が増加している。好酸球性副鼻腔炎は完治しにくく、また、再発しやすいため、2015年より指定難病になっている。今回は、好酸球性副鼻腔炎の病態と治療に関して解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-09-11

話題の医学 がん患者の非がん性慢性疼痛に対する正しい治療

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室 教授 / 京都府立医科大学附属病院 疼痛緩和医療部 疼痛(ペインクリニック)・緩和ケア科 部長
細川 豊史 先生

再生時間:13分58秒

がん患者の持つ痛みとは、一般的に「がんそのものによる痛み」と考えられているが、5年生存率の上昇によってがん患者の生存期間が非常に長くなり、最近では「がんの治療による痛み」が続く患者や、一般患者と同様に「がんと関係の無い痛み」を持つことも非常に多くなっている。今回はそのようながん患者の非がん性慢性疼痛に対する正しい治療法について詳しく解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-09-04

話題の医学 高齢者CKDの管理

川崎医科大学 腎臓・高血圧内科学 主任教授
柏原 直樹 先生

再生時間:13分58秒

加齢とともに骨関節の機能が低下するように、腎機能も加齢によって生理的に低下する。慢性腎臓病CKDは、腎不全や透析に至るだけでなく、心血管病、脳卒中、認知症のリスク因子でもあることがわかっている。高齢者が潜在的なCKD患者であることを意識し、加齢に伴う腎機能変化を知っておくことは、安全な医療を行うためにも重要である。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-28

話題の医学 MRI対応電子機器とMRI検査

杏林大学医学部付属病院放射線科 教授
似鳥 俊明 先生

再生時間:13分58秒

昨今MRIの普及が目覚ましく、これに沿うようにMRI対応の多くの医療機器が臨床現場に次々と誕生している。今回は、特に遭遇する頻度が高いペースメーカーをはじめとした植え込み型循環器デバイスの仕組みと我が国の現状、そしてペースメーカー植込み患者さんのMRIへの対応等、臨床上の注意点について解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-21

話題の医学 変形性膝関節症の診断と治療(後編)

東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科 特任講師
乾 洋 先生

再生時間:13分58秒

後編では変形性膝関節症の治療について解説する。症状が軽い初期の変形性膝関節症の患者さんに対しては、大腿四頭筋筋力訓練、ストレッチ運動、ウォーキングからなる運動療法が重要である。薬物療法は鎮痛剤を用いた対症療法が中心となり、ヒアルロン酸製剤の関節内注射等も行われる。手術療法では人工膝関節手術が最も多く、年間8~9万件程度行われている。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-14

話題の医学 変形性膝関節症の診断と治療(前編)

東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科 特任講師
乾 洋 先生

再生時間:13分58秒

変形性膝関節症は、運動器障害のなかで中核をなす疾患である。膝関節のクッションとしての役割を持つ関節軟骨が老化・変性することにより、膝関節の疼痛が出現し、外見上O脚変形を呈し、疼痛が増悪すると歩行困難となる。前編では変形性膝関節症の病態、症状、診断と、鑑別診断の難しい膝関節の骨壊死症について解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-08-07

話題の医学 動脈硬化の薬物療法 ~脂質異常症治療薬について~

順天堂大学大学院 医学研究科循環器内科学 教授
代田 浩之 先生

再生時間:13分58秒

脂質異常症は動脈硬化症の重要な危険因子である。中でも、高low-densitylipoprotein(LDL)コレステロール血症は、冠動脈硬化症をはじめとする動脈硬化性疾患の発症や進展に深く関与していることが分かっている。そこで今回は動脈硬化の薬物療法として、特に脂質異常症治療薬について、新しい薬剤も含め、詳しく解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-07-31

話題の医学 いまどきの思春期問題

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 理事
平岩 幹男 先生

再生時間:13分58秒

思春期にはさまざまな問題に直面するが、子どもたちの診療を誰が主体的に行うのかは、わが国ではあいまいである。今回は世代を超えて変わらぬテーマである不登校、従来の妊娠や性感染症の問題だけではなく性別違和の問題も大きくなっている性の問題を取り上げる。さらに発達障害をめぐる最近の話題にも焦点を当てた。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2016-07-24

話題の医学 敗血症に対する新しい治療 -血液浄化療法-

千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 教授
織田 成人 先生

再生時間:13分58秒

敗血症は近年の抗菌薬の進歩や診療ガイドラインの普及により治療成績が向上したが、治療の遅れや多臓器不全合併例では致命的となる重篤な疾患であることに変わりない。特に重症例では多臓器不全への進展を防止することが非常に重要である。今回は敗血症の重症化を防ぐために有効と考えられる血液浄化療法について解説する。

別画面で再生する