診療ガイドライン紹介

日経メディカルOnline『疾患解説 for GP』より転載した、診療にすぐに役立つガイドライン情報を疾患別に要約した内容。10領域以上の診療ガイドラインのポイントをご確認いただけます。

診療ガイドライン

疾患解説 アトピー性皮膚炎

▲アトピー性皮膚炎は慢性に経過し、特徴的な皮疹と痒みを伴う湿疹性の疾患である。アトピー素因にさまざまな環境要因が加わってアトピー性皮膚炎を発症すると考えられている。
▲治療の基本は(1)原因・悪化因子の検索と対策……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

▲胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、消化性潰瘍と一括して総称され、胃あるいは十二指腸粘膜が欠損した病態を指す。
▲胃潰瘍・十二指腸潰瘍発症の二大要因は、Helicobacter pylori(H. pylori)感染および……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 胃食道逆流症

▲胃食道逆流症(GERD)は、胃内容物が食道内に逆流することによって臨床症状や合併症を生じる病態の総称であり、定型症状は胸やけと呑酸である。
▲症状の有無にかかわらず食道粘膜傷害が認められる「逆流性食道炎(びらん性GERD)」と……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 インフルエンザ

▲わが国では通常12月~3月ごろに季節性インフルエンザとして、A型、B型が流行する。
▲A型ではまれに抗原性の大きく異なったウイルスが出現し、新型インフルエンザとして世界的な大流行を引き起こすことがある……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 うつ病

▲うつ病の診断においては、大うつ病エピソードの存在を確認した上で、一般身体疾患や物質による気分障害、双極性障害、統合失調症との鑑別を行う必要がある。
▲大うつ病エピソードは、(1)抑うつ気分、(2)興味あるいは喜びの喪失……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 花粉症

▲日本の国民の5人に1人が罹っていると推計される花粉症は、花粉抗原による季節性アレルギー性鼻炎。くしゃみ、鼻漏、鼻閉が3主徴だが、多くの場合アレルギー性結膜炎も合併しており、患者は目の痒み、流涙も訴える……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 高血圧

▲高血圧は診察室血圧値が収縮期140mmHg以上あるいは拡張期90mmHg以上,家庭血圧値が収縮期135mmHg以上あるいは拡張期85mmHg以上,24時間自由行動下血圧値が収縮期130mmHg以上あるいは拡張期80mmHg以上と定義される。診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 高尿酸血症・痛風

▲血清尿酸値が尿酸の飽和濃度を超えて高くなった状態を、高尿酸血症という。高尿酸血症の持続は、痛風関節炎や腎障害などの尿酸沈着症の病因となる。
▲高尿酸血症は、その成因から、産生過剰型、排泄低下型、混合型に大別される。この分類は、特に……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 骨粗鬆症

▲骨粗鬆症とは、骨密度の低下と骨質の劣化により、骨強度が低下し、全身の骨折リスクが増大した病態である。閉経後の女性に多く、骨折の最大の危険因子である。
▲骨粗鬆症は原発性骨粗鬆症、続発性骨粗鬆症に分類できる。発症率に関する報告は……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 子宮頸がん

▲いわゆる子宮癌には子宮頸癌と子宮体癌の2種類があり、両者を区別して考えることが重要である。
▲手術、放射線治療、化学療法を駆使することにより治療を行う。ほかの癌に比べ治癒率は高いが、生殖機能を失うリスクのある疾患……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 脂質異常症

▲脂質異常症の診断基準は日本動脈硬化学会編 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』では、「スクリーニングのための診断基準」としたうえで、LDLコレステロール(LDL-C):140mg/dL以上を高LDL-C血症、HDLコレステロール(HDL-C):40mg/dL未満を低HDL-C血症、トリグリセライド……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 喘息

▲喘息の有病率は増加傾向にあるが、喘息死は吸入ステロイド薬の普及により年々減少している。ただ、喘息死の約90%を高齢者が占めており、高齢者の喘息に対する対策が課題となっている。
▲抗炎症治療の中心は吸入ステロイド薬であり、きわめて有効で全身性の副作用も少ない。ガイド……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 糖尿病

▲糖尿病は代謝異常が長期に及ぶことでさまざまな合併症を発症する。血糖、体重、血圧、血清脂質などを良好な状態に維持し、細小血管合併症や動脈硬化性疾患である大血管合併症の発症・進展を阻止し、「健康な人と変わらない日常生活の質の維持、健康な人と変わらない寿命の確保」……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 肺炎球菌性肺炎

▲わが国では高齢化の急速な進行を背景に肺炎による死亡数が増加しており、肺炎は現在死因の第3位となっている。
▲市中肺炎とは、普段の社会生活のなかで発症した肺炎で、最近の入院歴がなく、介護や……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 不眠症

▲不眠症は睡眠障害の1つ。眠るのに適した環境で眠ろうとして寝床に入っても寝つきが悪かったり夜中に何度も目覚めたり、朝早く目が覚めてしまったりと睡眠困難で、昼間に疲労、倦怠感などの障害が出る病態をいう。米国精神医学会(APA)の精神疾患の分類と診断の手引き『DSM-5』(2013年発行)……

続きはこちら
診療ガイドライン

疾患解説 慢性腎臓病

▲慢性腎臓病(CKD: chronic kidney disease)とは、原疾患にかかわらず、(1)腎障害(蛋白尿など)と(2)腎機能低下〔糸球体濾過量(GFR)<60mL/分/1.73m2〕のいずれか一方、または両方が3カ月以上持続する状態を包括した概念で……

続きはこちら